マンガ

マンガ【つばさとホタル第1巻】のネタバレ・感想!無料で読める方法も紹介

話題の『つばさとホタル第1巻』を無料で読む方法や
ネタバレ、ストーリー、出演者を紹介していきます!
違法動画アップロードサイトは大変危険で様々なリスクがあるため、
オススメできません。
安全に楽しめる国内の電子書籍配信サービスを利用しましょう!
無料視聴期間中を使って、タダで楽しんじゃいましょう!
第1巻は今後のストーリー展開を左右する大事な設定が盛り込まれてます。
ネタバレ・感想はもちろん、無料&お得に読める方法もご紹介してます!
以下ネタバレが含まれますのでご注意ください。

【つばさとホタル】第1巻の登場人物

つばさとホタル第1巻の登場人物をご紹介します。

園川 つばさ(そのかわ つばさ)

飛羽高校1年7組。人のお世話をするのが大好きなバスケ部のマネージャー。行動がエスカレートすると相手が引いてしまうほど献身してしまうため、最近は少し自重している。

 

 

 

飛鷹 顕(ひだか あき)

飛羽高校1年2組。通称アッキー。口数は少ないものの時折さりげない気遣いを見せて優しい。バスケ部の中では小柄だが、よく食べる。

 

 

 

 

鳥羽 結真(とば ゆうま)

飛羽高校1年3組。男子バスケ部所属。学校一のイケメンで、フェミニスト風。つばさが好き。

 

 

 

烏丸 吉成(からすま よしなり)

飛羽高校1年7組。男子バスケ部員で、顕とは中学時代からの友人。底抜けに明るくにぎやかな性格で部のムードメーカー。

 

 

 

蝶野 友梨(ちょうの ゆり)

飛羽高校2年生。男子バスケ部のマネージャーで、つばさとは幼馴染。クールな性格の少女で、暴走しがちなつばさのストッパー役でもある。

これらが主要な登場人物です。

他にもつばさと関わる人物がいろいろと登場します。

高校生活をどんな風に送り、どんな恋愛をしていくのか楽しみですね!

【つばさとホタル】第1巻のあらすじ・ネタバレ

【つばさとホタル】第1巻のあらすじをサラッと3行で紹介

【つばさとホタル】第1巻のあらすじ
  • 杉山先輩は駅で助けてくれた人ではなかった
  • 駅で助けてくれたのはアッキーだった
  • つばさとアッキーは両想いの様子

【つばさとホタル】第1巻のネタバレ

第1話

高校1年生の園川つばさは、人に尽くすことが大好きな「尽くし体質」

入学したばかりの頃、駅で貧血を起こしたとき助けてくれた杉山先輩に猛アタックしていました。

しかしその一途すぎる気持ちから、無意識のうちにストーカー紛いの行動をしていたり、尽くしすぎるつばさは「重い」、「諦めて」と言われて振られてしまいます。

何が「重かった」のか、自覚のないつばさは1つ年上の友梨に相談し、それは重いと指摘され、落ち込み反省します。

蝶野友梨は、つばさにとってはクールだけれど優しく頼りになるお姉さん的存在。そんな彼女が手を怪我していることを知り、マネージャーをしている男子バスケ部の手伝いをすることになりました。

臨時のマネージャーとして、戸惑いながらも一生懸命に頑張ろうと張り切ります。

友梨とともに部活に行ってみると、そこにはイケメン部員が揃っていました。クラスの女子たちがそんな噂をしていたことを思い出します。

入部早々、烏丸吉成に「2年の先輩のストーカーやってる女子」と話題になっていることを聞かされますが、友梨が止めてくれたこともあり、マネージャーの仕事を完璧にしようと思うつばさでした。

弟からのアドバイスをもとに、部員1人1人のことを知ろうと部員の性格をストーカーのようにチェックしてはメモに残します。

部活中にそのメモに気づかれてしまい、杉山先輩のようにドン引きされたのではと心配しますが、それを受け入れてくれたバスケ部員たちに驚くつばさ―。

同学年のバスケ部メンバーの飛鷹顕(アッキー)、鳥羽結真、烏丸吉成は、つばさの過剰とも思える世話好きも面白がったり喜んでくれ、どんどん仲良くなっていきます。

そんなある日、振られたはずの杉山先輩から復縁を持ち掛けられます。

両想いになると嬉しいはずでしたが、脳裏に過るのはバスケ部のことばかりで―。

貧血で倒れた日、駅で助けてくれたことのお礼と、借りたタオルを返し告白を断ったつばさでした。

しかし、実は人違いだったのです。

混乱の中、杉山先輩と話しているところへ通りがかったアッキーらに声をかけられ話していくと…

駅で助けてくれたのはアッキーだったのです―!

第2話

正式に男子バスケ部のマネージャーになったつばさ。

週に1、2回コーチに来る鷲尾からは「男目的なら目障りだ」と冷たくあしらわれます。

気にしたつばさは、話しかけるのを控えようとよそよそしくなりますが、

「見てれば伝わるから、園川が一生懸命やってるのは」

と、さりげなくフォローをしてくれるアッキーに救われます。

その後もますますバスケ部のためにと張り切り、やりすぎるつばさ。

時折、アッキーに手伝いを断られることもありながら、

「ウザいとか思ったわけじゃない。パシリみたいで悪いと思ったから」

と、きちんと向き合ってくれます。

”こんな気持ちは初めてだよ”

第3話

球技大会の競技選びのHR。

ワイワイと自然にまとまっていく女子たちと裏腹に、つばさには同じクラスに女子友達がいないことに気づきます。

部活に行き、そのことを打ち明けると

烏丸には「俺たちは普通に友達だし!」と。

アッキーには「気負わずに普通に話しかければいい」と励まされます。

そして、アドバイスどおりクラスの女子たちと仲良くなることができたのです。

部内恋愛はよく考えたほうがいいと、鳥羽に釘を刺されていましたが、考えれば考えるほど気持ちが募るつばさ。

―アッキーが好き―

球技大会で男子バスケの様子を見ていると、気持ちが溢れ出て「好き」と自覚するのでした。

第4話

夏休み中に行われる男子バスケットボール部の合宿が行われることになります。

楽しみにしていたつばさですが、期末テスト前で部活がなくバスケ部のみんなと会えない期間を悶々と過ごします。

そんなある日、烏丸から男子バスケ部は集まって勉強していると知り、自分だけが取り残されていくような寂しさに襲われます。

気分転換しようと外に出ると、1人でシュート練習しているアッキーを見かけました。カラオケで勉強しており、みんなの買い出しに来た途中だと言います。一緒にコンビニへ向かうつばさ。

不意に会えたことに嬉しくなっていましたが、知らない女子も一緒に勉強していたと聞き、一瞬で落ち込んでしまいます。自分だけが真に受けていたのかな、と。

ところが、アッキーは「バスケ部員が勝手に知らない女子を誘ってただけで俺は苦手だ」と話してくれます。さらに、「園川なら大丈夫なんだけど」と。

戻ってこないアッキーを心配してかかってきた電話に

「園川連れてっていい?」と―。

もっとアッキーと近づきたい気持ちが強くなるつばさでした。

以上、つばさとホタル第1巻のネタバレになります。

【つばさとホタル】第1巻の感想・レビュー

いかがだったでしょうか?

お話の序盤は、主人公の思い込みが激しく重い性格が目立ちましたが、男子バスケ部員や周りの人たちとの関わりによって変わってきたように見えます。

周りからもてはやされるのではなく、人の役に立ちたいと一生懸命に考え、立ち回れるつばさは健気でとてもかわいらしい女の子だと感じます。

高校1年生といえば、まだまだ自分のことで精一杯になる年ごろのはずなのに、よく気が利くところがマネージャーにピッタリだと思います。

男の子たちもカッコよく素敵で、物語の世界観に引き込まれていきます。つばさの恋の行方に、次号からもドキドキハラハラさせられる予感と期待が膨らみますね。

【つばさとホタル】第1巻を無料で読もう!

【約束のネバーランド】を無料で読む方法をご紹介します!

U-NEXT〜日本最大級の動画サービス〜

今なら31日間無料トライアル実施中!
600円のポイントプレゼント中!

 

動画配信で有名なU-NEXT。
実はマンガを始めとする電子書籍も楽しめちゃいます!

◆31日間無料トライアルの特典◆
  • 見放題作品が31日間無料で視聴可能
  • 600円分のポイントプレゼント!

さらに【つばさとホタル】は、第1巻が無料で楽しめます!
無料ポイント600円分を第2巻に使うと第2巻も無料で読めます!
さらにさらに、つばさとホタルは1巻410円なので、
残った190円分を第3巻に使って、おトクに第3巻を楽しむこともできますね!!

 

さらに最大40%ポイントが還元されるので、読めば読むほどおトクに読めます。

ぜひ、お試しください!

人気タイトルも数多くラインナップ!